女の人

女性に人気の職業でもあるアロマのセラピストになる方法

幼稚園の先生を希望の方へ

大学生

幼稚園の先生の職務と適正

幼稚園教諭の毎日の仕事は、登園してくる園児の健康を観察し、お遊戯、お絵かき、遊びなどを指導することがあげられます。幼児は体調を崩しやすいので十分な気配りと目配りが必要になります。園児達の直接の教育の他に教室の清掃、指導計画の作成、園児の行動記録など幼稚園教諭の仕事は多く多義にわたります。幼稚園教諭の適正は、様々な観点から考察しなければなりませんが「子供が好き」を原点に園児一人一人の特性を活かし指導していくことができるかに掛かってきます。大学で幼稚園教諭の資格を取得する際、幼稚園での教育実習が必修になりますので、ここで自分に適正が有るか否かを判断する第1段階になります。大学で学ぶことの他に幼稚園で学ぶことは沢山あります。園児の保護者とも接する機会が多くなりますので、指導教官でもある実際の幼稚園の先生の接し方をみておくとよいでしょう。

幼稚園の先生に必要な免許

幼稚園教諭に必要な資格は、大学などで取得することができます。一種免許状は、大学卒業程度、二種免許状は、短期大学卒業程度、専修免許状は、大学院修士課程修了程度で取得が可能です。幼稚園教育の基本は、教育基本法第十一条、「幼児期の教育の基本は、生涯にわたる人間形成の基礎を養う重要なものである」と規定されているように幼稚園教諭の園児との関わりは園児の将来にまで影響を与えるものです。自分の幼稚園教諭としての適正が十分にあるか、見極めることが必要です。大学で知識を十分に学び幼稚園での実習に望んでください。保護者同士の交流や情報の交換の提供、園内体制の整備や関係機関との連携と協力に配慮をすることも大切になります。